2021年6月20日

【導入事例】病院内情報掲示板



 
慶應義塾大学病院様に、EPS2-C06(42インチ)を導入していただきました。
 

 
主に初診担当医表、外来診療担当医表や院内の情報等を表示して、ご利用いただいております。

 
 
 
今までは液晶サイネージをご利用されておりましたが、バックライトの光で表示された文字が読みにくい状況でした。
従来の液晶表示→

 

 
 
テキスト情報が多い病院内掲示物は、高視認高精細で、患者様の目にも優しく、文字が読みやすいEPSがマッチしました。
 
 
 
 

 
表示更新は1日1回ほどで、表示更新したあとは電源をOFFにし、電源が無くても画面表示を維持できる電子ペーパーの特長を活かして電気代の節約にも貢献しております。
 
また慶應義塾大学病院は、災害拠点病院に指定されております。万が一、災害や震災などの有事が発生したときに、モバイルバッテリーでも駆動できるEPSは、避難誘導、緊急情報のサイネージとしても使用できる利便性もご評価いただききました。

 
 

現在は新病院棟建設工事中で、今後も設置場所を変更することが予定されている為、簡単に移動できるよう「EPS+イーゼルスタンド」をご利用いただいております。

 
当社のEPSがお客様の課題解決の一助となりましたら幸いです。


 
 
 
その他の採用事例や展示会出展情報はメディア掲載/展示会出展 情報の「最新情報」をご覧ください。