電子ペーパーサイネージEPSに
クラウドサーバーを使った
データ作成・配信システムが登場!


 
 

PC、Macだけでなくスマートフォンからも
 モバイルブラウザから操作可能
 
グラフィカルで直感的な操作が可能
 
スライドショーも使用ユーザーも
 クラウドで簡単に運用管理

 
 

 
 
 
「EPS SLIDE EDIT」とは
「EPS SLIDE EDIT」は
従来PC/Mac用アプリケーションとして提供していた「Slideshow Editor」に
データ配信サービスを統合してクラウドサービス化した
「電子ペーパーサイネージ管理ソリューション」です。
 


グラフィカルな設定画面とオールインワンパッケージの集中管理で
複数のEPSを簡単に管理することが可能になりました。
 
 
「ビデオマニュアル」公開中です。

「基本機能」編

「便利な機能」編

 
 
 
主な特長

EPSをネットワークでカンタン操作

 
PC/Mac用アプリとして提供していいた「Slideshow Editor」を、専用ネットワークサーバーを使い、作成から配信までを統合しました。
従来は、お客様にFTPサーバーをご用意いただいておりましたが、サーバーから管理アプリまですべての機能を統合し、ワンパッケージのソリューションとしてご提供いたします。

アカウント管理でカンタン運用

 
使用するユーザーとEPSはアカウント別に紐づいており、ログインすれば、スライドショー作成からネットワーク経由での表示書き換えまで、すぐにご利用いただくことができます。
EPSを追加で導入した際も、ブラウザ上で情報の追加・編集が可能です。
 
また、既にEPSをご利用いただいているお客様も、ご契約いただくことで「EPS SLIDE EDIT」をご活用いただくことが可能です。
 
※「EPS SLIDE EDIT」をご利用になるには、EPSをインターネットに接続する必要があります。

モバイルブラウザ対応

 
EPS SLIDE EDITはモバイルブラウザに対応。
お手持ちのiPhoneまたはAndroidスマートフォンでかんたんに表示を変えることができます。

機器の動作状況を遠隔操作管理(※オプション)

 
ネットワークを通じてEPSが正常に動作しているかを監視することが可能。
設置したEPSが通信可能な状態かを確認したり、現在表示している画面のスクリーンショットを取る,再起動の操作をネットワーク経由で行うなどの遠隔操作が可能です。
 
※遠隔管理ツールは外部サービスを利用したオプション機能です。

 
 
 

 
 
より使いやすくなった作成・編集機能

[スライドショーをつくる]

 
使用できる画像も画面上にサムネイル表示され、設定を含めた1画面で、直感的にスライドショーを作成することができます。
 
設定内容を全てのスライドに反映させる「一括反映」などの編集機能も搭載し、お客様のサイネージ活用をサポートします。

[プレイリストにまとめる]

 
プレイリスト機能は、サーバー上に保存したスライドショーを1つのスライドショーにまとめることができます。
サムネイル表示されたスライドショーを並べるだけで、簡単にプレイリストを作ることができます。

[スケジュール管理]

 
作成したスライドショーやプレイリストを、どのような期間表示させるかを設定できます。
複数のEPSへ、それぞれ異なる設定が可能ですので、設置場所に合わせた表示設定を行うことができます。
 

 
 
 
すぐに使える便利な機能
 
 

[グラフィカルなファイル管理]

 
サーバー上のファイルは、サムネイル表示でグラフィカルに管理できます。

使用する画像やBGMデータは、追加削除できるユーザーを管理でき、不用意にデータが削除されるリスクを低減しています。

[配信状況確認]

 
管理しているEPSへ、それぞれどのようなスライドショーやスケジュールが配信設定されているか、すぐに確認することができます。
 
操作間違え等による誤配信のリスクを低減します。

[今すぐ配信]

 
細かい配信スケジュールを設定しなくても、特定のスライドショーを直ちに表示させる「今すぐ配信」機能を追加。
 
気象情報や緊急連絡など、緊急で情報を伝える場合にお使いいただけます。
電源を切っても表示が残る電子ペーパーは、外部バッテリーなどと併用することにより、停電しても緊急連絡を表示し続けることができます。


 
※画面は開発中のものです。
※本ページ記載の内容は予告なく変更される場合があります。
 

 

お問い合わせは こちら